LOiD

プレイヤー

Profile

各クリエイターの着うた並びムービー、ビデオクリップを配信中

卑怯戦隊うろたんだー発売、少女の空想庭園+発売

詳細 >>

関連商品のamazonはこちら


護法少女ソワカちゃん
覚の巻(amzon限定2000枚盤)



コスモドライバー∞UP



Crosslight



護法少女ソワカちゃん DVD



LOiD-01 -LOiD's LOGiC-



千年の独奏歌



少女の空想庭園+(プラス)



卑怯戦隊うろたんだー公式CD
 

ピコ萌え!3
ピコ萌え!Future8bitシリーズ3

 

twitter

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS
157件中   46 - 50 件表示 ( 全 32ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

コスモドライバー関連もっかい。

続きを書こう書こうと思いながら、なんかいきなり忙しくなっちゃいました。

今度なんとかまた連続で書こうとネタは貯めてます。


そんななかコスモドライバー関連の楽曲がまたもやUPされました。

cosMoさん曲のcosMoさんアレンジ版


ヒゲさん曲のヒゲさんアレンジ版


発売日まであと少しです。コスドラ関係はあと1~2回は何かあると思うので、何かあった時は是非拝見ください。

-追記-
コスモドライバーのCDの正確なトラック名称をNews&Historyに追加しておきました。

2009-10-06 21:25:08投稿者 : AD
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!

コスモドライバー関連の動画

前回の日記から閑話休題ということで。

コスモドライバーのレコーディング風景を上げてみました。
レコーディング風景は久しぶりですね。



あと、こちらは収録される予定の覚醒フィールドの原曲をcosMoさんが上げてます。収録されるのはこれをヒゲドライバーさんがアレンジしたものですね。



宜しくお願い致します。

2009-09-29 19:24:14投稿者 : AD
この記事のURL コメント(0) nice!

LOiDの輪

前回からの続き

簡単な理念的なものは話したのですが、どの人とどういう風に会っていったのかも、個人的にはLOiDの面白い部分なのかと思います。
基本的にLOiDに関して言えばいちばん最初のkzさん以外は、必ず誰かを間にはさんで次の人へ行く、ということが非常に多いです。

現在でもLOiDへ協力してもらう際は必ず現在一緒にやってくれているメンバーの誰か1人が「この人!」というように推薦してもらった上で会ったり話したりしています。

最近は自分自身をしって頂けたこともあり、イベントなどで声を掛けてくださるクリエイターの方もいて、大変嬉しく、光栄なことだと思っておりますが、基本的に何かを「創作」する際は、上記のように推薦形式になっています。
だれが決めたことでもないんですけど、勝手にそういう風になっていった感じです。

そういった中でも印象深い出会いだったなぁと思うのが、ちゃぁさん。(もちろんそれぞれ濃いーので出会いは鮮明に覚えていますが)

たまたまその時bakerさんとオニキスさんと僕とで、マジスパPVを作っている最中だったのですが、その際にたまたま僕がランキング動画を見ていて、そこで流れてる音楽をBGMに仕事をしていたのですが、ちゃあさんの曲が流れた時「お?」と三人とも反応した、という事がありました。

その時聴いた曲が、ちゃぁさんのネクロカーニバル(necrocarnival)でした。
サウンドの強烈な印象と、ボーカロイドを面白く使った効果に、この人は面白いなー、って3人で話していたのを思い出します。bakerさんとオニキスさんが「これ会ってきた方がいいですよ」というようなことを言ってくれて、僕自身どんな人がこんな曲作ってんのやろ?と思っていたので、早速連絡を取ってみて会いに行きました。

ああいう音楽を作る方なので、どんだけぶっ飛んだ感じの人が来るんだろう、とか、すげーハードコアな人だったらどうしよう、とか、今考えるとかなりビビりながら待ち合わせてた事を思い出します。

しかし現れた青年はなんともにこやかな方で、わざわざ遠方の地より東京を来ていらっしゃるところを捕まえさせていただきまして。
12月だったと記憶していますが、なんか渋谷のファーストフード店で、ものすごく泥臭い話をしていたような気がします。

ちゃぁさんは最初bakerさんとかオニキスさんとか知らなかったんですよね、で、若干Pことknotsさんのことは知ってた。
アングラカタログ出身者は熱い!とかそんなことを話していたような思い出があります。

いまではすっかりbaker主催のV.Nへ出演するなど、芸の幅が広がってきたちゃぁさんですが、いまでもその芯はきっとかわらずハードコアな男なんだろうなぁと思います。

まさかあの出会いからちゃぁさんとここまで色々やるとは思わなくて、今ではすっかりLOiD内愛されキャラとして、にこやかなちゃぁさんを見て、軽く癒されています。

次回はDenkitribeさんについて。


2009-09-29 02:18:03投稿者 : AD
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!

LOiDの理念的なモノ。

前回からの続き

風雅さんと出会うことで一番苦労したのは連絡でしょうか。

それこそブログもやっていない、HPも無い、連絡先を知ろうにもネットには無かったわけです。
そこで以前参加されている作品を出していたレコード会社さんへ連絡を取ります。
そこからさらにマネージャーさん?のような方を紹介していただきます
そしてそこからやっと風雅さんの連絡先をお聞きします。

電話を掛けてみるのですが、出ない。
メールを入れてみてもなかなか返事がない。でとても大変だったことを記憶しています。

そこでマネージャーさんのような方に一度メールを入れていただき、その後に電話をするという手段をとります。
そしてやっと出ていただきました。

そのときの会話はもうなんというか、全然覚えていないというかとにかく、「あなたの声の提供をされたソフトが今色々な方に使われていて」「そんな方と一緒に是非仕事がしたいんです。」なんて、とにかくありったけの熱意をぶつけた気がします。

それが伝わったのか、会って頂けることになりました。
今でも鮮明に出会ったときのことは覚えていますが、ほんとう~に色々なことを一気に話した記憶があります。
当時私事ですが、長年付き合った彼女と別れたばかりだったので(笑)そんな話をしたりとか。易を見てもらったりとか。

とにかくお互いの事を本当に全部さらけ出して、会話していたと思います。

風雅さんは、ご自身のブログでも書かれていますがパニック障害を患っております。
初対面の時に喫茶店に入ったのですが、それが何年ぶり、十何年ぶり、そんな感じでした。

そんな風雅さんは、毎回仕事の話は一度自分の中で咀嚼した上で吟味するそうです。
ですが、今回の話しに限っては何故かそういうことも無く、電話の向こうで既にOKというように決めていた、との事でした。

ここからまさか風雅さんと今のような関係になるなんて、全然想像していませんでした。


ブログをごらんになっている方はご存知とは思いますが、風雅なおとの人間性は、若輩者の自分が言うのもなんですが、本当に素晴らしく、また人として尊敬出来、この人ためならなんとかしてやろう!そんな事を思う人柄です。
日本人が忘れてしまったような謙虚さ、そして何よりも人を大切に思うやさしさ、そんなものがあふれています。

風雅さんはよく「なおとうさん」なんて呼ばれていますが、本当に父の様に優しく、そして、時には父のように厳しく、そんな人です。

ネコが大好きで、ネコのためなら死ねる、くらいの方です。
でも機嫌が悪かったりすると当たってきたりもします(笑)

そんな風雅さんと出会い、そして今までの出会い、そこから理念、のようなものが出来てきます。

人を大切にし、その人の悲しみも苦しみも共有して、その人の作品を共に作り出す。
「音楽ビジネス」として考えた時「出来た曲が全て」なのかもしれないけど、本当の意味での音楽とは違うんじゃないかって。
その人が売れてるときは色々な人が寄って集ってちやほやして、売れなくなったらパッと居なくなって捨てる。
それが音楽業界やコンテンツ業界で生き残っていくためには当然の事なのかもしれないけど。

でもそうではないと思いたいのは自分自身の願望なのかもしれないけど、音楽というのはその人間の経験したこと、思ったことのOUTPUTとして存在していると思う。
であるならなおさら、それを世に出すにあたっては、より深くクリエイターやアーティストを理解したいと思うし、それが分かった上で、何故この作品を良い!と言えるのかと、自信を持って声を大にして言いたいと思う。

LOiDの理念は全てここにあります。

これが正解だとは思わないし、本当はここまで入り込むことは良くないことなのかもしれないけど
自分が選択する最善の方法論が今のスタンスであるのではないかと思います。アマちゃんと批判されればそれまでだけれども。

但しお互いに間違ってるところはだめを言うし、おかしいと思えばそれは自分も言われる立場にある。
それこそLOiD's LOGiCのような殴り合いではないけれども、そこは50:50の関係性で是々非々でやるのがLOiD流です。

次回は、前回さらっと書いてしまった、それぞれのクリエイターとの出会いなんていうのも書いていこうかなんておもっています。

-続く-


2009-09-28 01:44:23投稿者 : AD
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!

LOiDが出来た経緯

前回からの続き

そうしてbakerさんとはそれをキッカケとして、色々な面でサポートをしてもらうこととなります。
それこそ後々、このbakerさんと接したスタンスがLOiDの根幹を為していく事になっていきます。

そんな中、次にcosMoさんと出会います。(厳密に言うと、その前に一度だけゆうゆさんとなぎみそさんに会います。)

実はcosMoさんはピコ萌え!の時にmuzie経由でアレンジ参加のお願いをしていたのですが(それこそ消失の存在とかあるかないかわからないくらいの時?)一身上の都合(就活?だっけかな)で断られていたのですが、せっかくなので是非お会いしたいと。コミケの前日だったでしょうか?
それこそ、既にそのときは初音ミクの消失が流行の直前か、流行していたかの時でした。

イラスト関連の話や、音楽についての話、ボカロについての話など色々しましたが、そのころから割りとパンク精神のあふれる感じだったことは記憶しています。

そしてコミケの日に、bakerさんやkzさん、cosMoさんを介して色々な方へ会いに行きます。
オニキスさん(muzieを知っていてくれたので、とても話がしやすかったです。)、チーターPことKTGさん、デPさん、シンPさん等々・・・

そしてコミケの後にオニキスさん、KTGさんとは飲みに行ったりします。
オニキスさんは業界をある程度知ってらっしゃって、とても鋭い方なので、いきなり「よい意味」で挑戦的態度を叩きつけられて、負けじとこちらもやり返してみたり、KTGさんとは率直に音を聞いての、意見をしてみたり。

今思い出すと、どのクリエイターとの最初の会話も割合ケンカ腰というか、今思えばお互いむかつく感じだったというか(笑)

そんなことをやっている中、bakerさんから「何かやるなら新しくレーベル建ててくださいよ」的なことを言われます。
それがLOiDが出来る直接的な原因となります。

そしてオニキスさんがデザイン仕事をやっていることはなんとなく分かっていたので、オニキスさんに「ロゴ作ってくれませんか?」といった話を持ちかけ、快くOKを頂きます。

LOiD LOGiCの時のイベントでオニキスさんが「この人投げっぱなしなんですよ!」みたいな事を言ってましたが、実際には「こんなかんじでーこういうイメージで、オニキスさんが思う形を書いてみてください」というちょっとした要望は出したはず・・・・

そんなこんなで、レーベルのロゴも決まり、とりあえず着うたの配信が始まります。
yanagiさんはこのとき初めて連絡を取ったと記憶しています。

そしてLOiD1枚目のCDとなる、うろたんだーの制作が始まっていきます。
その、キーパーソンとなる、風雅さん、風雅なおととの出会い。こんなに人として尊敬できる方もなかなか居ないでしょう。

~続く~

2009-09-26 05:00:04投稿者 : AD
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!
157件中   46 - 50 件表示 ( 全 32ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...